Wilton

チョコレートが美味しい季節になってきました。

今日は、かわいいチョコレートが作れるウィルトンのグッズをご紹介します!

この季節のお問い合わせナンバーワンは、

Q.「ホワイトチョコレートはアイシングカラーで着色できますか??」

単刀直入に、

A.「色はつきますが、固まってしまいます」・・・涙

 

残念ながら、アイシングカラーとジェルカラーは、水性なので、

ウィルトンキャンディメルツやホワイトチョコレートと混ぜると、分離してしまいます。

試してみたのでお見せしましょう!!

 

1.ホワイトキャンディメルツまたはホワイトチョコレートを溶かして、

 ホワイトホワイトアイシングカラーをいれて混ぜます。

 

すると・・・・

ばさばさぼそぼそに。

ちょっとだったらいいのですが、こちらカップ1杯に、4滴ほど入れました。

 

真っ白なチョコレートを使いたければ、

ブライトホワイトキャンディメルツがおススメです!

 

2.アイシングジェルカラーをたらしてみると・・・

たった1~2滴で、ねっとりとしてきました。

もう少しいれたら、ボソボソになりそうですね。

 

3.そこで、油性のキャンディカラーの登場です!

 

油性なので、キャンディメルツやチョコレートときれいになじみ、さらさらな状態を保てて

とろとろと型に流し込んだり、ケーキPOPにディップしたりしやすくなります。

 

実は、油分の多いクリームである「バタークリーム」や「クリームアイシング」にも、

キャンディカラーのほうがおすすめです。

発色がきれいに出て分離しませんよ♪

・(左)ガーデンキャンディカラーセット 1,296円(税込み)

・(右)プライマリーキャンディカラーセット 1,296円(税込み)

 

キャンディカラーは、油分が多い成分でできているため、

「冷蔵庫」や寒い4度以下の気温の倉庫や納戸に置いておくと、

油分が固まりますが、常温に戻せば元通り!

品質上は問題ありませんので、

20度前後の室温で、つまようじなどでよく混ぜてから使ってくださいね!!

※特に、レッドとブラックが固まります。

 

【ケーキPOPの作り方】

☆材料☆

・ケーキスポンジ

・ロリポップスティック

・少量のバタークリームやクリームチーズ

・キャンディメルツ

・キャンディカラー(お好みで)

1.ボウルの中でケーキスポンジを細かく砕きます

2.クリームやクリームチーズを大さじ1杯入れて混ぜます

3.手で丸めて、スティックをさし冷蔵庫で冷やしておきます。

5.溶かしたキャンディメルツにディップして、

 ※キャンディカラーを使うときは、溶かしたメルツに入れましょう!

 冷やし固めましょう。

6・ディスポサブルバッグにキャンディメルツを入れて絞れば、便利です。

スプリンクルで飾ってもかわいですね!

 

その他いろいろなレッスン開催中!

現在Wiltonコースが受講できるWilton教室はこちら↓↓

北海道https://goo.gl/Hdbyhs

甲信https://goo.gl/LiYvFO

東京都https://goo.gl/ZXyAa8

関東(東京以外)https://goo.gl/kK5tgB

東海https://goo.gl/YtwtLO

北陸https://goo.gl/4K9eGY

関西https://goo.gl/45k4xP

中国四国・福岡https://goo.gl/bJ8yYe

九州(福岡以外)https://goo.gl/6oY39U

 

☆non☆

新作のスプリンクルをentresquareに追加中です!少々お待ちを!!!

Wilton Japan公式HP(New):http://www.entrex.co.jp/brand/wilton/​

facebook→https://www.facebook.com/WiltonCakeDecorating.Japan/

instagram→https://www.instagram.com/wiltonjapan/